スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決勝戦!!

2009–08–26 (Wed) 12:45
~第91回全国高校野球選手権大会~

優勝 中京大中京 (愛知=43年ぶり7回目)

2年生バッテリー
優勝バッテリーとなった森本くん、磯村くんは、2人とも2年生。

ドームで、ワンセグで試合を観戦。
名門・中京大中京も、優勝は43年ぶりということです。
てか、愛知県勢としても同年で、愛知は、中京しか優勝経験がないということです。
その中京の甲子園決勝戦の勝率は、なんと!10割!!
そうなんです、準優勝がないんです。

そんなチームの優勝の立役者は、高打率を誇るクリーンアップ。
3番・河合くん、4番・堂林くん、5番・磯村くん。
3人とも甲子園でホームランを打っています。
河合くんは、ネクストバッターズサークルで、腕立て伏せをするのが日課。
肩甲骨を意識して、バットを振ることを心がけるためにやっているそうです。
そしてこの長い歴史の中で、1大会個人最多塁打28の新記録も樹立 

優勝旗
優勝旗を手にする山中キャプテン。  

昨日、NHKで優勝の特別番組がやっていました。
名古屋に帰ってきた選手たちが、生出演していて、みんな笑顔でトークしていました。
試合中には見られない、素顔なんかが見られて、楽しかったです

一方、新潟県勢として初の決勝進出を果たした日本文理。
あの9回の驚異的な粘り!!
なんですか、あれ。 まぢで鳥肌立ちまくって、死にそうになりました
みんなの「後ろに繋ぐぞ!」、「まだこの仲間と野球がしたいんだ!」って気持ちが、あの粘りを生んだんだと思います。
ほとんどが、地元・新潟出身で、とってもいいチームでした(*´ω`)b

エースの伊藤くんは、全5試合を1人で投げぬきました 
この夏、600球を越える熱投を甲子園の舞台で見せてくれました。
幼馴染であるキャッチャーの若林くんが言っていましたが、「試合中、笑ったところを見たことがない」というぐらいのクールなエース。
どんなピンチにも表情ひとつ変えず、冷静なピッチでした。
試合後、やっと笑った彼に、心奪われたひとも多いのでは?
チェンジアップのキレ、抜群でした

両エース
健闘を称えあう中京大中京・堂林くんと、日本文理・伊藤くん。

今年も球児たちに、たくさんの感動をもらい、勉強させられた夏でした。

今年のキャッチフレーズは、「夏という名の宝物。」

全国の高校球児が憧れる聖地・甲子園。
出たくても、出られない・・・そんな仲間の想いも背負って戦った選手たち。
甲子園でプレーするということだけでも、素晴らしいことだと思います。
まだこの仲間と野球ができるということが、幸せだったんだということに気付いていると思います。

さて、お次は、舞台を変えて・・・
彼らの野球人生は、まだまだ始まったばかりなのだから。。
次は、もっともーっと成長した姿を、見せて欲しいです
また会う日まで…

感動をありがとーお疲れ様でしたッ

スポンサーサイト

東京ドーム初参戦!!

2009–08–26 (Wed) 11:49
ちとご無沙汰しちゃいました。。

日曜日の深夜から出発し、東京ドームで都市対抗を見に行ってきました!!
東京ドーム、テレビで見るのと全然違うくって、すっごい感動してしまいました。
ナゴヤドームよりは小さいなって思ったけど・・・

都市対抗といえば、試合はもちろん、応援合戦がすごいっ
それぞれ会社にも、校歌ならぬ、社歌があって…
応援団やチアを中心に、スタンドが一体になって、ものすごく楽しかったデス。
あれもひとつの楽しみなんですね

さて、応援する東京ガスは、4-2で勝利し、3回戦進出を決めました。
今度の試合では、ぜひぜひヒット打って欲しいです。
明日はバイトで応援に行けないので、遠い愛知から勝利を祈っています☆彡

べすとふおーえ

2009–08–22 (Sat) 11:21
昨日行われた準々決勝2試合。

第1試合、花巻東が、ベスト4へいちばん乗りを決めました絵文字名を入力してください
延長戦にまでもつれたこの試合、明豊は、春のリベンジとはなりませんでした。

花巻東は、「全力」がモットーのチームです。
昨日の試合でも、いつもの試合と同様に、常に全力プレー。
ベースに全力疾走し、常に先の塁を狙う高い走塁力が、随所に見られました。

155cmの小さなセンター佐藤涼平くん。
常に「ファウルを打つ練習」を心がけ、チームの勝利に貢献しています。
昨日の試合では、進塁打を放ち、1塁手と交錯してしまい、タンカで運ばれていきました。
それでも、元気よくセンターのポジションに走る背番号8の姿が・・・はあとにlp
敵味方関係なく、甲子園全体が拍手や歓声に包まれて、甲子園って温かいなって、またそう思わせてくれました。
佐藤くんにとっても、忘れられない瞬間になったんぢゃないかなハート

途中から試合に出場した佐藤隆二郎くん。
彼には、忘れられないプレーがあるそうです。
今年のセンバツ清峰との決勝戦。
0-0で迎えた5回裏、1アウト走者なしからのキャッチャーフライ。
それを相手がお見合いしたものの、本人は1塁に走っていなかったため、記録はキャッチャーゴロ。
とても緩慢なプレーでした
それから2ヶ月間、練習試合にさえ出してもらえず、全力プレーの大切さを知ったという佐藤くん。

突然のアクシデントでマウンドを降りて、試合にも退いたエース菊池くん。
試合を退いた後も、ナインを気遣い、キャッチャー千葉くんのプロテクターをつけてあげる姿などが、テレビに映っていました。
ベンチからナインを激励し、ピンチの場面では、マウンドに集まるナインに「もう1回、投げさせてくれよ」と言ったそうです。

花巻東の選手は、肩を寄せ合ってベンチから声を出したりしていて、みんな本当に仲がいいんだなっと思いましたウッドストック

敗れた明豊。
結果としては、春も夏も同じ相手に負けてしまったことになりますが・・・
でも、この負けは、あの春の負けとは違います。
春は完封負けの完敗だったけど、今年の夏は、最後まで粘り、相手を苦しめました。
この甲子園という大舞台で、成長した姿を見せてくれましたキラキラ

九州の怪童と称され、ピッチャーとしてもバッターとしても活躍した今宮くん。
花巻東のエース菊池くんが、「いちばんいい選手」と認めた選手です。
昨日の試合もマウンドに上がり、154km/hの快速球を見せつけました♪
試合後、ちょっとウルウルした目で、涙が流れるのを我慢し、ナインに「泣くな」と言っていたシーンが印象に残りました。
「悔いの残る球は投げたくなかったので。自慢の直球を打たれた。バッターがすごかった」と言い残し、甲子園にお別れを告げました。

とはいえ明豊は、興南の島袋くん、西条の秋山くん、常葉橘の庄司くんという今大会を代表する好投手を次々と打ち砕いて、勝ち上がってきました。
本当にいい試合を見せてくれました


第2試合、日本文理が打線の好調さを見せつけ、初のベスト4進出!!

敗れた立正大湘南のベンチには、前の試合より1人少ない13人。
試合の前日にインフルエンザと診断された選手が2人、既に3人が離脱していたので、この試合は、5人が欠場。
キャプテンの林田くんも、ベンチに入っていませんでした。
「情けないキャプテンでごめん。」林田くんの言葉を、チーム全員が胸に焼き付けました。

エース崎田くんは、一時勝ち越しのHRを打ちましたが、終盤に大量失点
マウンドの上で、顔を帽子で隠す一面もありました。
どんなに打たれてもマウンドに立ち続けるエース。
実は、彼のあとを引き継ぐ2、3番手の投手が、いずれもベンチに入っていませんでした。

インフルエンザに悩まされた立正大湘南。
今もまだ体調が悪い選手がいるんですよね、1日でもはやく元気になってくれることを祈っています。
この逆境の中、初出場でベスト8は、ものすごい立派な結果だと思います
そして何より、あたしたちに記録だけぢゃない、記憶に残るプレーを見せてくれました。
チーム一丸になって闘う姿に、とても感動しました。
笑顔で、胸を張って、ふるさとに帰ってください!!

さぁて、今日も準々決勝。
どんな試合を見せてくれるのでしょうか花火

ベスト8

2009–08–21 (Fri) 00:18
夏の甲子園も、いよいよ大詰めです。
今日でベスト8が出揃い、明日からは、準々決勝が始まります、マゥ`、ネ

常葉橘のエース庄司くん。
延長12回、200球以上を最後まで投げ抜きました。
本人も熱望していた明豊・今宮くんとの対決。
彼は、全球ストレートを投げ、打たれました。

それでも、試合後の彼の目には涙はありませんでした。
今宮くんと堅い握手を交わし、甲子園を去って行きました。

長野日大の背番号1を背負う、2年生・加藤くん。
普段はものすごくおとなしい選手だそうです。
インタビューしても、耳を傾けないと聞こえないぐらいの小さな声で話すそうです(笑)
そんな加藤くんも、ユニホームを着ると、まるで別人。
ピッチャーなのに2塁までヘッドスライティングしちゃうぐらい、気迫溢れるプレーを見せてくれました。

この悔しい夏を、どうか忘れないで・・・
来年、またこの場所で会えるのを、楽しみに待っていますnico

甲子園、4回出場はあっぱれ~(*^∀^)ノ
豪打を誇る智弁和歌山、今年はちょっと違うチームカラーなんです。
エースの岡田くんは、1年生から甲子園のマウンドを経験しています。
今日の試合はその岡田くんの立ち上がりを攻められ、初回に3失点。
しかしそれ以降は、再三のピンチを切り抜け、マウンドで吠える、吠える、吠えるッ!!

試合後の彼の目に、涙は一切ありませんでした。
それどころか、「やることはやった」と言わんばかりの充実感に満ち溢れていました
成長した左腕は、さわやかに甲子園を去って行きました。

~準々決勝~

8月21日=明日

第1試合 明豊(大分)vs花巻東(岩手)
今年のセンバツの再戦!!
ちなみにセンバツでは、花巻東が4-0で勝っています。

第2試合 日本文理(新潟)vs立正大湘南(島根)
ともに今大会、初勝利を挙げたチーム同士の対戦。
エースナンバーを背負う、伊藤くんと崎田くんの投げ合いに注目キラキラ

8月22日=あさって

第1試合 帝京(東東京)vs県岐阜商(岐阜)
背番号1の平原くんに1年生右腕・伊藤くんもスタンバイする投打にバランスのいい帝京と、
エースで2試合連続のHRを放っている山田くんの対決が楽しみデス♪

第2試合 都城商(宮崎)vs中京大中京(愛知)
夏の甲子園出場2回目で、2回ともベスト8進出を果たしている都城商は、エース新西くんの技巧派ピッチが魅力的ハート
中京大中京は、今日行われた長野日大戦でも強力打線が爆発ッ!!

ってな感じです。  

頂点まde・・・

あと

3つ。

出揃います!

2009–08–16 (Sun) 12:08
最近の試合は、1点を争う接戦が多いですねぇ。
今、帝京vs敦賀気比の試合が行われていますが、その前の試合、東農大二vs青森山田までの4試合連続で1点差ゲームです。
延長あり、サヨナラあり、最後に信じられないドラマが待っていたり・・・
甲子園には、本当に魔物が住んでいるのでしょうか。。

昨日の明桜vs日本航空石川の試合は、予想外の幕切れとなりましたね。
あたしもテレビの前で、呆然としてしまいました。
明桜の二村くん、11三振を奪う、評判通りのナイスピッチを見せてくれました

第4試合、初出場同士の対戦となった立正大湘南vs華陵。
湘南のレフトを守る後藤くんの超ファインプレー&サヨナラHR(史上16人目)!!
こんなすごい活躍をしたというのに、このHRは、なんと公式戦初だとか!?
華稜の安達くんと、湘南の崎田くん。
両投手、スコアボードに0を刻み続ける、大投手戦を見せてくれました♪
今大会初となる無失策試合となりました(*^∀^*)ノ
(今日の第1試合、青森山田vs東農大二でも記録。今大会2回目)

そして今日の第3試合に、樟南が登場し、全49代表校が出揃いますアップロードファイル

雨なんか嫌いだあ

2009–08–10 (Mon) 14:50
2日連続でノーゲームは、見たの初めてでした。
それなら最初からやるなっつーの・・・って思っちゃうけど涙
雨のばかー。

如水館のキャプテン有山くんのお兄さんは、昨年の夏、甲子園を制した大阪桐蔭のキャッチャー有山くんだそうです。
兄弟揃って甲子園かぁァnico
しかも、お兄さんも降雨ノーゲームを経験していて、幻のホームランを打っちゃったそうです。
奈良から野球留学しているんですね~

明日こそ晴れてよねっ甲子園。アップロードファイル

いよいよ・・・

2009–08–07 (Fri) 12:24
91回目の夏が明日、開幕しまぁぁすイルカ

5日に組み合わせ抽選も決まり、甲子園練習も終わり、リハーサルもして・・・
あとは、開幕を待つのみnico
選手宣誓の大役は、初出場の伊万里農林から、吉永キャプテン!!

今大会は、サウスポーと強打者の注目選手がいーっぱい(*´∀`*)ノ
よく春(センバ)は投手力、夏(選手権)は打撃力と言われますが、ここ数年の優勝校は、チーム打率が3割を超えていないそうです。
その一方で、防御率は低く、1試合の平均失点が1、2点で、失策も1個と、堅守なチームが頂点を掴んでいるようです。
確かに、ファインプレーもいっぱい見るし、なんなく裁いている打球でも、難しかったりするかもしれませんね。
高校野球のレベルも、少しずつ上がってきているような。
トスとか見ると、それを実感しますねッハート

ジャムさんのブログを見て気付きましたが・・・
開幕カードの常総学院vs九州国際大付
6年前の夏の決勝戦(常総学院vs東北)の監督さん同士の対決!!
このときは、常総学院が逆転勝ちで、木内監督の勇退に花をささげる初優勝。
そして、6年後の今、なぜかまたふっかーつした木内監督vs新天地で初の甲子園出場を掴んだ若生監督の対決。
これって、運命ぢゃ…。。

三重vs熊本工の対戦が、3年前と一緒!!
三重は、17年ぶりの初戦突破を狙います。

中京大中京vs龍谷大平安は、古豪対決。
甲子園出場回数、30回(春夏=66回)の平安と、25回(春夏=54回)の中京。
素晴らしい試合を見せてくれることでしょーおんぷ

インフルエンザに集団感染した天理は、登録メンバー18人のうち4人が昨日の練習を欠席したそうですが、今日には復帰する予定だそうです。
くれぐれも、無理はしないでっお星様

さぁぁ夏本番!!
今年も球児たちが、どんな筋書きのないドラマを見せてくれるのでしょーか。

グランドでプレーしている球児たちも、
ベンチでサインを送っている監督さんも、
スコアを書いているマネージャーさんも、
ジャッジしている審判も、
アルプスからエールを送っている応援団も、
実況しているアナウンサーも、
解説している解説者さんも、
甲子園にいる人も、
テレビで見ている人も、
ラジオで聞いている人も、

一緒にあつ~い夏を過ごしましょぉッキラリ

キャァーー

2009–08–03 (Mon) 11:18
駒苫新監督に2004年、主将・佐々木孝介氏

こんな記事をはっけーん!!

みなさんもご存知のとおり!
2004年に駒大苫小牧が初優勝したときのキャプテン佐々木くん。
ショートを守るスラっとした選手で、イケメンでしたよねぇ(笑)
駒大では、3年生の春から学生コーチとして、チームを裏から支えていたそうです。
駒苫の監督さんになるのは、分かりきってたけど・・・
まさかそのときが、こんなにはやく来るとは・・・
もう感動ですっきらきら

彼の活躍を、今いる部員たちは、テレビとかで見ていたはずだし、
そんな憧れの先輩に教えてもらうとなると、こんな嬉しいことはないですよね!!
甲子園のベンチを指揮を執ってる姿を、1日でもはやく見れること、祈ってますjumee☆faceA78

らすとおー

2009–08–01 (Sat) 23:29
遅れましたが・・・

大阪代表

PL学園 (5年ぶり17回目)

準々決勝で、甲子園夏連覇に挑む大阪桐蔭に10-5で圧勝。
履正社を延長戦の末に下した準決勝。
決勝は、関大北陽相手に、井上が完封勝利!!
難波、井上の2枚看板で、勝ち上がってきた。

ということで、47都道府県49代表校が、見事に出揃いましたぁ
初出場は13校、春夏連続出場は、8校となりました。
かなり、フレッシュな大会になりそうですねんひよこ3

PL学園といえば、今年のセンバツ。
南陽工との戦いで、緊迫した投手戦を演じたエース中野くん。
9回まで、ノーヒットノーランの素晴らしい投球でした。
しかし、味方の援護なく、甲子園を去ることに・・・

そんな悲運のエースは、今年の夏の予選、1回もマウンドに上がることはありませんでした。
調べたら、センバツ後に、左ひじを痛めちゃったそうです。。

決勝戦で、公式戦初完封をやってのけた井上くんとは、同じクラスで寮も同室だそうです。
この日も中野くんから「お前ならやれる」と、激励をうけたそうです。
なんていい友情なんだぁぁ~

でも、チームはまだ勝ち進んでるから!!
センバツの初戦は、西条相手に完封勝ちで、2回戦は、ノーヒットノーラン(参考記録)。
すっごいピッチャーだってことは分かってるんだから!!
ぜひぜひ、この夏、甲子園のマウンドで投げてるとこが見たいですハート

注目の抽選会は、8月5日、開幕は、8月8日となっております。
ちなみに抽選会の模様は、スカイAで生中継してくれるそうですあげ


 | TOP | 

   義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
がんばろう!日本!!

 ★ 自己紹介 ★

さと★

Author:さと★
高校野球が大好きな管理人のブログです(*´∀`*)ノ

野球は、プロよりアマチュア派です。
まっすぐに直向に、白球を追いかけている姿がとても好きです。

~印象に残った試合~
♪愛知啓成vs若杜(2003年夏)♪
♪愛知啓成vs金沢桜ヶ丘(2006年春)♪

東洋大姫路vs花咲徳栄(2002年春)
東北vs平安(現・龍谷大平安)(2003夏)
横浜vs京都外大西(2004年夏)
早実vs駒大苫小牧(2006年夏)
広陵vs成田(2007年春)
中京大中京vs日本文理(2009年夏)

ファンの輪を広げたいので、喜んで~
相互リンク、受け付けております!!!

2009年4月1日 再び開設。

★☆★ アクセスカウンター ☆★☆



祝 5000人突破!!
いつも見て下さっている皆様のおかげでございます(*´ω`*)ペコッ

   最近の記事

  最近のこめんと

  記事のカテゴリー

  月別アーカイブ

☆ブログ内検索☆

   カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 お気に入りのサイト♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。