スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番狂わせ!!

2011–08–13 (Sat) 19:52
最初に言っておきます。
今日は、むちゃくちゃ長い記事になります。
めんどい方はスルー、興味ある方は最後まで~
ご了承ください。

~大会8日目~

習志野(千葉) 9-3 明徳義塾(高知)
・甲子園初登板の2年生・大野くんが、完投勝利
 明徳・4番の北川くんは2試合連続ホームラン!鮮烈な印象を残し、
 去って行きました。

八幡商(滋賀) 5-3 帝京(東東京)
・逆境の中!逆転満塁アーチで、21年ぶりのベスト16進出
 試合を有利に運んだ帝京、野球の怖さを実感しました。

作新学院(栃木) 3-2 唐津商(佐賀)
・春夏連覇以来、約半世紀ぶりの2回目の校歌!逆転で3回戦へ
 唐津商の剛腕・北方悠誠くん、10Kを奪い、爽やかに甲子園を去る。

如水館(広島) 7-4 東大阪大柏原(大阪) (延長10回)
・2試合連続の延長戦を制し、初の甲子園2勝
 浪速のヤンキース集団!最後まで諦めない、熱戦を演じました。

~第1試合~
強豪・明徳義塾を下した習志野。
2年生の大野くんは、変化球を交え、相手に的を絞らせませんでした。
習志野は、スタンドで応援するブラスバンドが全国で1、2を争うそうです。
テレビを通しても大音量だし、生で観たらもっと迫力あるんだろうなぁ
そんな大きな武器も味方につけ、10年ぶりの3回戦進出!

一方の明徳義塾。
今日も先発したエース尾松くん。
立ち上がりから制球が定まらず、毎回ランナーを背負う苦しい状況。
神様は、最後のマウンドに、厳しい試練を与えました。
4番・北川くんとともにやってきた、明徳での最後の夏が終わりました。
敗れましたが、チームは、ノーエラーを記録しました

~第2試合~
帝京の先発は、甲子園初登板となる2年生・渡辺くん。
初めての聖地で、8回まで2塁も踏ませぬ、完璧なピッチ
3-0と、終始試合を優位に進めていた帝京。
ところが、9回表、八幡商の眠っていた打線が、一気に大爆発!!
エラーで1点を奪い、5番・遠藤くんの今大会3本目・チーム2試合連続となる、満塁ホームランで、逆転に成功(^ー'*)b
この前にめっちゃいい当たりのファウルをレフト線に打っているんですよね。
打ち直しからの~ライトポール際に「打った瞬間入ったと思った」という一打。
池川監督がキャプテンを務めた11年前以来の3回戦進出。
当時は、2回戦からの登場だったため、甲子園で2勝を挙げたのは初めて。
実は、この試合の前半は爆睡していたのですが・・・
9回の八幡商の地響きのような応援と、押せ押せムードで目が覚めました
広陵vs佐賀北、ちょっと思いだしてしまったー

この大逆転を呼び込んだのは、間違いなく!エース吉中くん。
得意のカットボールで強力打線をねじ伏せ、8回3失点の粘投
昨年の夏もエースナンバーを背負いましたが、県大会で初戦敗退。
その悔しさから、炎天下の中、毎日走り込みを続けたそうです。
逆転満塁ホームランの瞬間、ベンチで号泣していたという右腕。
9回の打席で代打・井上くんを起用したため、地方大会からずっと1人で投げてきたエースはここで降板。
そして、5-3と逆転して迎えた9回裏。
マウンドには、この夏初登板となる、背番号11の2年生・眞野くん。
今大会初めて満員となったスタンドの中、堂々のピッチを披露しました
投げたのは19球でしたが、こんな緊張するマウンドはなかったでしょうね。
八幡商は、この夏初めて試合に出た選手が内野、外野にもいたそうです。
まさに、チーム一丸となり、強豪校に立ち向かった姿・・・
とっても、素晴らしかったです。

一方の帝京。
1年生から甲子園デビューしているエース伊藤くん、4番・松本くんがチームを引っ張り、優勝候補の一角だったと思います。
最後に、野球の怖さを知った渡辺くんと、石川くんの1、2年生バッテリー。
この経験が、来年に活きてくるはずです。
先輩たちが残していったものを背負い、また新たなスタートを

いやいや~こんな試合は、久しぶりに見た気がします。
逆転したけど、その裏、投げるピッチャーがこの夏、未知の世界・・・
なんだか、智弁和歌山vs帝京、思い出してしまったー
負けてしまった帝京は、負けた感じがしないだろうし、
勝った八幡商は、勝ったっていう実感が沸かないでしょうね。
甲子園には、魔物が住んでいる。。
これだから、高校野球は怖いし、面白いんですよね

~第3試合~
作新学院が、春夏連覇を達成した49年前以来の2回戦突破!
2年生エース大谷くんが、先制を許すも、味方の反撃を信じて投げました。
そして、キャプテン板崎くんが5回に逆転タイムリー
踏ん張るエースを救いました。

一方の唐津商。
初戦で戦った古川工(宮城)から贈られた「がんばろう宮城」のステッカー。
唐津くんちという毎年恒例のお祭りの掛け声、「エンヤー」の大合唱で、
グラウンドにいる選手たちにエールを届けました
注目右腕・北方悠誠(ゆうじょう)くんは、153km/h、2試合で23Kを奪い、「全部出し切った」と、爽やかな笑顔で、甲子園を後にしました。
ベンチ入りメンバー全員が、地元・佐賀県の出身。
一致団結した仲間との最後の夏が、ここで終わりました。
悠誠くんの弟・伸生(しんせい)くんは、1年生ながら中軸を打つ逸材。
また、甲子園でプレーしているのを見たいです

~第4試合~
延長にもつれる2時間47分の大熱戦でした!
如水館は、延長10回、1年生で4番・島崎くんのタイムリーなどで勝ち越し。
この前の打席ではチャンスで凡退していたので、力が入っていたでしょうね。
2試合連続で延長戦を制し、7回目の出場で、初の3回戦進出

柏原の先発・福山くんは、四死球10と苦しみながらも、粘投を見せました。
そんな2年生の後を引き継いだのが、3年生・背番号10の白根くん。
彼は、大阪大会決勝(vs大阪桐蔭)でも、打たれた福山くんをリリーフし、
5点差の大逆転劇を呼び込んだ投手です。

如水館は、2回途中から最後まで投げ抜いた、エース浜田くん。
柏原は、7回途中からマウンドに上がった白根くん。
終盤以降は、この両投手の気迫溢れる投手戦。
毎回ランナーを出すものの、再三のピンチを凌ぎました

柏原は、16人の選手がプレーし、総力戦で闘いました。
「まだ野球がしたいんだ!」という、最後の粘りにもちょー感動しました。
2年生の福山くん、試合後に堪えていた涙が・・・
初出場で、勝ちと負けを味わった夏。
チームの歴史にまた新たな1ページを刻みました
土は、持ち帰らず。

ぞくぞくと・・・優勝候補や注目選手が消えていきます。。
県立校の活躍が目覚ましい、今大会。
何回も言うけど、1、2年生の凄さを実感する大会でもあります。
今日はお盆+土曜日ということもあり、甲子園はちょー満員。
観に行かれた方は、お腹いっぱいでしょうね

あっパンさん!
今日の第4試合、大藤さんの解説でしたよ~

書くだけで疲れちったー
っと、最後まで読んでくれた方がいたら、ありがとうございました。
でわでわ、またあした~

スポンサーサイト

 | TOP | 

   義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
がんばろう!日本!!

 ★ 自己紹介 ★

さと★

Author:さと★
高校野球が大好きな管理人のブログです(*´∀`*)ノ

野球は、プロよりアマチュア派です。
まっすぐに直向に、白球を追いかけている姿がとても好きです。

~印象に残った試合~
♪愛知啓成vs若杜(2003年夏)♪
♪愛知啓成vs金沢桜ヶ丘(2006年春)♪

東洋大姫路vs花咲徳栄(2002年春)
東北vs平安(現・龍谷大平安)(2003夏)
横浜vs京都外大西(2004年夏)
早実vs駒大苫小牧(2006年夏)
広陵vs成田(2007年春)
中京大中京vs日本文理(2009年夏)

ファンの輪を広げたいので、喜んで~
相互リンク、受け付けております!!!

2009年4月1日 再び開設。

★☆★ アクセスカウンター ☆★☆



祝 5000人突破!!
いつも見て下さっている皆様のおかげでございます(*´ω`*)ペコッ

   最近の記事

  最近のこめんと

  記事のカテゴリー

  月別アーカイブ

☆ブログ内検索☆

   カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 お気に入りのサイト♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。