スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベスト8やー

2011–08–16 (Tue) 11:03
今日も、満員のこーしえんッヽ(∀`ヽ*)(ノ*´∀)ノ
ただいま、4日連続で満員通知が出ておりまする。
今日で、ベスト8が出揃いますよン。

~大会11日目~

習志野(千葉) 2-1 金沢(石川)
・24年ぶりにベスト8!層の厚い投手陣を軸に、守り勝ちました。
 またひとり剛腕が・・・1点を争う好ゲームでした

作新学院(栃木) 6-3 八幡商(滋賀)
・大谷くんと山下くんの若手バッテリー、怖いもの知らずで、準々決勝へ。
 八幡商・エース吉中くんをバックで盛り立てた、仲間がいました

如水館(広島) 3x-2 能代商(秋田) (延長12回サヨナラ)
・チームとして3度目の延長戦を制し、初のベスト8。
 能代商は、大ピンチを救う、キセキのバックホームが2度もありました

日大三(西東京) 6-4 智弁和歌山(和歌山)
・終盤に相手を突き放した日大三、6年ぶりに準々決勝進出!
 最後まで相手を苦しめた、最後まで諦めなかった、智弁和歌山。

~第1試合~
初戦を甲子園で観戦していた、ヤクルトの小川監督も大喜びでしょう
両チームエラーなしの引き締まった試合でした。
習志野の先発は、地方大会ではいちばん多く登板した、2年生・在原くん。
3年生・キャッチャー皆川くんのサインに平気で首を振って、
エース泉沢くんにアドバイスをする、強心臓を持った彼は、普段はうっかりな性格なのだそうです。
「早く投げたいと思っていた」と、初めて甲子園のマウンドに上がりました。
今日の試合も、強気にインコースを突いて、8回1/3、7安打1失点の好投
ランナーを背負う中で、マウンドを引き継いだ背番号10・木村光彦くん。
落ち着いた冷静な判断で、3塁走者を刺しました。
同点に追いつかれても、打ったランナーを2塁でアウトにしたのが大きかったと思います。
堅実な野球を甲子園でもやってのけた、習志野でした。

注目の金沢・釜田くん。
先制を許すものの、力で打者をねじ伏せました。
5回には、今大会・最速タイである153km/h(2回戦 vs作新学院 唐津商の北方くんが計測)を甲子園のスコアボードに刻みました
石川大会の前までは、「三振でアウトを取りたいという気持ちが強かったけど、今ではバックを信用して、投げられるようになった」と話していました。
ここまで2試合で2ケタの三振を奪った右腕も、今日の試合は9Kと、気持ちで投げました
またひとり、怪物が、甲子園を去っていきました。

習志野は、千葉大会で登板した5人の投手で、既に4人が甲子園を経験。
・初戦(vs静岡 6-1)を先発した泉沢くん(3年生)
・2回戦(vs明徳義 9-3)を完投した大野くん(2年生)
・今日の3回戦(vs金沢 2-1)を8回を投げ切った在原くん(2年生)
・初戦と3回戦の9回からリリーフした木村光彦くん(2年生)
相手チームも、「今日は誰がくるのか」読めない程、層の厚い投手陣。

~第2試合~
第1試合に続いての無失策試合。
このチームは49年前、選抜で延長18回引き分け再試合で対戦。
ちなみにこのとき、再試合を制したのは、作新学院でした(2-0)。
後に春夏連覇の〝 春 "を制した大会でした。

作新学院は、今大会最年少の28歳・小針監督が指揮を執ります。
2年生・大谷くんと1年生・山下くんの若手バッテリー。
山下くんが大胆なリードをすれば、大谷くんはミット通りに投げ込みました。
山下くんは、打っても3安打の大活躍
4番・飯野くんは、試合中にあごの捻挫と前歯がずれるアクシデントがありましたが、最後まで試合に出場し、チームの勝利に貢献。
春夏連覇を成し遂げた、49年前以来のベスト8進出です。

八幡商・先発は、エース吉中くん、立ち上がりから制球に苦しみました。
14安打を浴びながらも、バックに助けられ、最後まで投げ抜きました
池川監督も少し心配していた、滋賀県大会では、5割と打ちまくった4番・坪田くんに、待望の甲子園初ヒットが飛び出しました!!
3回戦で逆転満塁ホームランを放ち、一躍・時の人となった遠藤くんは、最後の打席でもホームラン
強烈な印象を残し、甲子園を去って行きました。

~第3試合~
如水館の先発・宇田くんの立ち上がりを攻め、1点を先制した能代商。
3回からは、エース浜田君が登場。
能代商・先発は、保坂くん。
中盤からは、この両エースの大投手戦へ。
お互い毎回のようにランナーを出すものの、最後は踏ん張り、試合は延長戦へ。
決着は、延長12回、6番・木村くんがサヨナラタイムリー
如水館は、出場7度目にして、初めてのベスト8進出しました。

今大会8度の延長戦のうち、3試合が如水館戦です。
いずれも早い回からロングリリーフしているエース浜田くん。
ピンチの状況でも、実に冷静だなぁっと感心しました(*´・ω・`)b

惜しくも敗れた能代商・保坂くん。
秋田大会からずっとマウンドをひとりで守って来ました。
今日の試合も179球を投げ、この夏、1072球に魂を込めました
そんなエースを救う、ナイスなプレーが沢山ありました。
9回=センター吉野くんから、ショート畠山くんから、キャッチャー平川くんへ
10回=ライト山田くんから、ファースト岳田から、キャッチャー平川くんへ
2度のサヨナラの危機を仲間が助けてくれました。
正直、あたしもこの瞬間、あ~終わっちゃった・・・なんて思っちゃったけど・・・
選手たちの諦めない姿を見て、すっごく反省しました。
最後の最後、3アウトまで、諦めちゃだめなんですよね

~第4試合~
ベスト8へ・・・最後のイス!
20世紀最後と、21世紀最後の優勝校同士の対戦。
甲子園を知り尽くした両監督同士の対決は、1点を争う接戦となりました。

日大三は、序盤に5点のリード奪いで、試合の主導権を握りました。
先発の吉永くんは、8安打、12奪三振で完投勝利。
あの変化球や重みのある速球は、上級だなぁっと感心してしまいました。
キャッチャー鈴木くんのプレーにも助けられました。
8回には、6番・菅沼くんの貴重なホームランが飛び出しました

智弁和歌山・先発の青木くん。
序盤に日大三の強力打線につかまるものの、3回以降は粘りのピッチングを見せ、味方の反撃を信じて投げ続けました。
試合後、両エースは、笑顔で何か話していました。
青木くんは、「全部出し切った!」という晴れ晴れとした表情でした
追い上げて、日大三を最後まで苦しめた智弁和歌山打線もあっぱれ!
難しい球をヒットにしていたり、いっぱいバットを振って練習していたんだんだなぁっということが分かりました。

というコトでー
出揃いました!:*:・。,☆゚'・:*: ベスト8 :*:・。,☆゚'・:*:



~準々決勝の組み合わせ~

17日(明日)   東洋大姫路(兵庫)vs光星学院(青森)
           如水館(広島)vs関西(岡山)
18日(あさって) 智弁和学園(奈良)vs作新学院(栃木)
           日大三(西東京)vs習志野(千葉)


明日から、2試合日ですよ~ん。
試合開始は、いつもと同じ!8:00から、ぷれいぼぉるです

スポンサーサイト

 | TOP | 

   義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
がんばろう!日本!!

 ★ 自己紹介 ★

さと★

Author:さと★
高校野球が大好きな管理人のブログです(*´∀`*)ノ

野球は、プロよりアマチュア派です。
まっすぐに直向に、白球を追いかけている姿がとても好きです。

~印象に残った試合~
♪愛知啓成vs若杜(2003年夏)♪
♪愛知啓成vs金沢桜ヶ丘(2006年春)♪

東洋大姫路vs花咲徳栄(2002年春)
東北vs平安(現・龍谷大平安)(2003夏)
横浜vs京都外大西(2004年夏)
早実vs駒大苫小牧(2006年夏)
広陵vs成田(2007年春)
中京大中京vs日本文理(2009年夏)

ファンの輪を広げたいので、喜んで~
相互リンク、受け付けております!!!

2009年4月1日 再び開設。

★☆★ アクセスカウンター ☆★☆



祝 5000人突破!!
いつも見て下さっている皆様のおかげでございます(*´ω`*)ペコッ

   最近の記事

  最近のこめんと

  記事のカテゴリー

  月別アーカイブ

☆ブログ内検索☆

   カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 お気に入りのサイト♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。